2015年2月アーカイブ

2月21日(土)午後1時30分より、豊岡健康福祉センターで、6月に引き続き、第2回となる「ひきこもりを支援する座談会」を開催しました。

  

20150227_1.jpg

  当日は、高石医院院長の高石俊一先生に『「ひきこもり」について考える』と題して講演をして頂き、その後、参加者との座談会を開催しました。その後、スタッフによる個別懇談を行いました。

 

 

 

20150227_2.jpg

高石先生の講演はとても分かりやすく具体的で、実際の行動の指針になるものでした。

ひきこもりへの働きかけはゆっくりと、2年ひきこもれば、2年かかる、と言われたことが印象的でした。家族は我慢できないが、見守ることが重要であると。

 

20150227_3.jpg

その後の座談会では具体的なケースでの高石先生への質問や、それぞれの家族のこれまでの苦闘、そして長い経過を経て希望が見えてきたことなど、考えさせられることの多い内容でした。

スタッフからも今のドーナツにやってくる若者の状況など、お話させていただきました。

 

当日は32名の参加があり、はじめてドーナツの行事に参加して下さった家族の方もありました。これを機会に、気軽にドーナツにおいで頂き、コーヒーなどを飲みながら、ゆっくりくつろぐ場として交流スポットを使って頂ければと思っています。

ドーナツの会

2月20日(金) 福住地区公民館 

 参加:10名

レシピ: ・黒豆ごはん

      ・竜田揚げぶりのおろしかけ

      ・温野菜サラダ

      ・あさりのみそ汁

 

旬の食材をたくさん使った料理を作りました。

ゆったりと穏やかな中で、手際よく出来上がりました。

 20150222_1.jpg

 

 

 

 

 

20150222_2.jpg

 

 

 

 

 

 

20150222_3.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

【参加者の声】

 ・とてもおいしかったです。地物の野菜や魚を使って、調味料も少なくて美味しく出来るんだと、見習いたいです。

 ・バタバタせず、ゆったりと料理ができたのが、とても良かったです。内容も家で作ってみようと思えるものばかりでした。

 ・豆ご飯、して頂いてとてもうれしかったです。サラダも、色彩もよくドレッシングのチリメン、ゴマetc・・目新しかったです。ブリも大根おろしで油けが少なくなり、良かったです。

・大根おろしに、リンゴを入れる事もまた、変わっていて良かったと思いました。

・簡単に、料理が手早く出来て良かった。材料も豊富に使用して、見た目にも奇麗で、栄養もあり、毎日の生活に参考になりました。

・自分が、今まで作っていた料理でも、同じ野菜を使って、色々と勉強になりました。

・黒豆ご飯、歯応えがあってよかったです。

 

20150222_4.jpg

 

 

 

 

 

 

20150222_5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

*主婦の方は、ほぼ毎日・毎食食事の支度をしなければならないことが多いです・・。

そんな中、同じ材料を使ってもちょっとした工夫次第で、変わった料理ができることのヒントになり、食卓に少しは潤いが出来ればと思いました。

*今後も、料理教室によって、日日の食事の積み重ねが、心・身体にとって大事なものであることを伝えられるように行いたいと思う。

 

食育の会

「ゆめポケット」

 

このアーカイブについて

このページには、2015年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年1月です。

次のアーカイブは2015年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。