2013年11月アーカイブ

今夕、いのちネットのメンバーが宮城県七ヶ浜町仮設住宅にサツマイモ9ケースを送りました。

 

20131117_10.jpg


 








いのちの学校4地区で子どもたちが地域の人たちと一緒に栽培したものです。

 

20131117_11.jpg


 











23日現地で開催される芋煮会用の野菜は明後日送ります。いのちの宅配便は今年で3年目です。

 

20131117_12.jpg

 

 

11月16日(土)

交流が深まり、楽しい時間が過ごせました。

16人のそば道場に

20131117_7.jpg


 

 







そば打ちは楽しいですが、なかなか難しいもの。小麦粉2、そば粉8の二八そばに山芋を加えたそば打ちでした。水加減と練り、打ち粉のふり方・・・。16人の大人数となり、ドーナツの部屋は熱気でむんむんのそば道場となっていました。にぎやかで楽しい交流の場となっていました。

 

20131117_8.jpg


 








さっそく湯がきたてをいただきました。短い、長い、太い、細い・・様々でしたが、旬の手作りそばに舌鼓をうちました。

 

20131117_9.jpg


 







数名の若者も参加し、自己紹介をし、歓談。疲れをほぐす二人一組の両手のクリームマッサージ。その後、若者はメッセージカードによる心理療法に取り組んだり、保護者は面談などをしたりして解散しました。

次回は12月6日(金)13:00~ドーナツの間

 

 

私たちは東北を忘れない‼ 復興支援フェア(11月9日~10日 於:但馬ドーム)

 

 

 

20131117_1.jpg

但馬まるごと感動市で復興支援フェアを行いました。大震災被災地の南三陸町などの産業復興支援をするために、商品を定価で販売しました。

 

塩蔵わかめ、かもめの玉子、オクトパスせんべい、モアイソーダあめ、しいたけかりんとう、ボールペンなど・・・なんと完売しました。





 

20131117_2.jpg

感動市2日間のいのちネットの出店は初めてでした。多くの人たちに忘れがちな東北のことを少しでも想ってほしい、わずかですが経済的な復興支援につながることをしたい、ボランティアを継続したいというボランティア報告会(9月25日、じばさん但馬)での中高生の強い願いがあり実現しました。中高生12名、メンバーら支援者21名の計33名が交代しながらブースで頑張りました。14歳から80歳まで年齢差を超え、多様な人材が集まり、願い、思いを形に表しました。昨日は復興庁の谷公一復興副大臣もブースに入ってこられ、活動を励ましてくださいました。

 


 

20131117_3.jpg

2日目は行列が何回もできていました。メンバーの工夫で南三陸にちなんだ「モアイの輪投げ」を取り入れ、参加賞にモアイの飴を配りました。中学生はその飴がなくなるとモアイの絵を描いて紐をつけて手作りペンダントを作りました。それが子どもたちに大変な人気でした。輪投げをする子どもの親が東北の商品を買ってくださいました。

 





 

20131117_4.jpg


 

もう一つうれしい出店での出来事がありました。それはいのちネットのドーナツの会に参加している若者が居場所ドーナツの部屋で織り上げたきれいなコースターと自宅で趣味で作っている子犬の服を東北の品物のそばに展示し、完売したことです。本人も母親とブースに来て展示準備をして、店に立つことができました。本人にもとって大きな自信につながったことでしょう。ドーナツの会の相談員21名にとって、今回はハラハラドキドキものでしたが、本人のほんとに嬉しそうな顔を見て「よかった‼」と胸をなでおろしました。

 

20131117_5.jpg


 

県民局県民協働室の村中さんや関係者、70番ブースに立ち寄っていただいた多くのみなさんのご協力のおかげでとっても価値のある挑戦ができました。ありがとうございました。





20131117_6.jpg


 


 

ひきこもりなどの若者を支えるドーナツの会では毎月若者の会を行っています。

 

20131104_5.jpg


 








集まれそうな若者に声をかけているのですが、いざ当日になると・・・。

 

20131104_6.jpg


 








参加した若者はお料理を作ったり、ゲームをしたり、話をしたり、聞いてもらったり・・・。

 

20131104_7.jpg


 








9月はお月見団子づくり、10月は揚げ餃子づくりでした。


11月16日(土)13:00~年越しそばづくりです。ドーナツ親の会と合わせて実施します。

そばを食べた後は、別の部屋で若者の会をします。

そば作りは昨年も行ったのですが、とても好評でした。みなさん集まってください。

会場:ドーナツの部屋   昼は軽食でお越しくださいね‼

 

10月27日(日)、但東町佐々木地区でいのちネット食農プロジェクト「いのちの学校」の収穫祭が行われました。

 

20131104_1.jpg


 










9時からサツマイモを掘り始めました。作業は子ども会の小学生、保護者と地域のサポーター15人。

昨年度より大きめの赤いサツマイモがぞくぞく・・・。

 

20131104_2.jpg


 













このサツマイモは、11月中旬に宮城県七ヶ浜町仮設住宅に「いのちの宅配便」で、他の3地区(江本・今森、河谷、八条)のものと合わせて送付します。

11月23日のイベントで仮設の皆さまに配布されます。

 

20131104_3.jpg


 










11時から窯でご飯を炊き、野菜カレーを作りました。かまどでは焼き芋、焼き栗、ぎんなんも。

昼前には高齢者も集い、30名ほどに。村あげての楽しい収穫祭となりました。

 

20131104_4.jpg


 










無農薬で保田ぼかしの有機肥料を使った安全で安心な野菜づくりです。夏にはトウモロコシを収穫しました。

万物の源である土を耕し、いのちをつなぐ野菜を育てること。

地域の子どもと大人がともに春、夏、秋と汗を流すこと。住民が集い収穫に感謝し、交流すること。

そして東北の被災地のことを想う。


今年で2回目の収穫祭となりましたが、来年もぜひやりましょうという声をたくさん聞きました。

サポーターの皆さん、お疲れ様でした。


このアーカイブについて

このページには、2013年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年10月です。

次のアーカイブは2013年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。