2012年12月アーカイブ

20121213_1.jpgコウノトリいのちネット(協議会)のシンポジウムと講演会の内容、日程が決まりました。(写真は協議をしている会議の様子)












今回は講演会を中心に報告します。


タイトル

20121213_4.jpg


復興支援イベント「いのち支え、つながる -東日本大震災を通して-」



◎趣旨

・市民が東日本大震災に目を向け、支援の輪を広げ、いのちへ共感し、支え合うまちづくり、地域づくりの機会とする。豊岡市、本協議会が支援を続ける宮城県から講師を招き、直後の惨状と対応、復興に向けた町づくりについて生の声を聞く。

・「いのち支え、つなぐプロジェクト」の活動を発表し、意見交換などを行い、課題を明らかにするとともに、広く市民に取り組みを伝える。

・復興支援ライブで復興支援、コウノトリにちなんだ音楽等を鑑賞する。

















 

20121213_3.jpg講演の講師は、南三陸町災害ボランティアセンター長 猪又隆弘 氏 です。


演題 「私たちは負けない!! 震災との戦い」


猪又さんは、社会福祉協議会の総務課長として、とっさの判断で地震直後300人を避難させられました。災害ボランティアセンターを立ち上げ、全国から集まるボランティアの活動の指揮をとっておられます。企業の誘致にも取り組み、地元の産業復興にも手腕を発揮されています。活躍ぶりは全国に知られています。


20121213_2.jpg

先日、南三陸町に行って打ち合わせをしてきました。(同写真)


奥様が今なお行方不明のままですが、復興業務の傍ら全国各地からの要望に応えようと休み返上で講演に回っておられる猪又さんでした。講演を聞いた人たちに「話が上手で時間を忘れる」と言わせるだけの魅力と迫力をもった方でした。

 

 

20121208_1.jpg

12月6日、福住地区交流センターで「いのちネットお料理の会」が開かれました。

 

強い風が吹き寒い日となりました。

参加者の足に影響がないか心配しましたが、18人と多くの方が参加。

 


 

本日のメニュー

*かぶらの葉のごはん

*さばの味噌煮

*かぶら蒸し

20121208_2.jpg


 

簡単おせち3品

*りんごかん

*紅白なます

*伊達巻き




 

20121208_4.jpg

「いのちの学校」で栽培したかぶら、大根を使用しました。

かぶらの葉を使った料理を参加者はあまりされてなかったので、1回でも食卓にのることを期待します。

地元産の食材を無駄なく使ってほしいですね。





 

20121208_3.jpg

おせちの紅白なますは、大根をかつらむきにした後、人参で巻いて昆布で結ぶ少し手間な料理となりましたが、挑戦。

おせち料理の1品に加わればいいなと思います。






 

20121208_5.jpg

伊達巻きもこんなに簡単にできるなんてとの声も多く聞かれました・・・伊達巻は買う方が多いかな?。

盛りだくさんなメニューとなりましたが、ベテランの主婦の皆さん、手際よくできあがりました。

1班6人と多かったですが、にぎやかに親睦も深まったようです・・・


記:黒田、室見


12月1日(日)、出石町ひぼこホールで開催された青少年健全育成大会で、参加した出石高校生4名(玉井、大植、綱島、中島さん)が発表しました。

7月27日~29日、宮城県七ヶ浜町仮設住宅で行った屋台、交流、ライブ、バルーンアート、合唱、野菜渡しなどのボランティア活動をパワーポイントを使って説明。


20121201_1.jpg


 








 

20121201_2.jpg


 









 

20121201_3.jpg


 









 

20121201_4.jpg


 









素朴でしたが、しっかりとした中身の濃い内容でした。

また感心したのは、高校生がその後も活動を継続していることです。

文化祭で壁新聞を発表したり、但馬夢会議で募金活動をしたり、自分らが発行した「こども新聞」を街頭で配ったりと。

 

20121201_5.jpg










 

20121201_6.jpg


 









本当に心が温まる大会でした。

 

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。