2011年12月アーカイブ

12月8日、コウノトリ豊岡・いのちのネットワークは兵庫県に特定非営利活動法人の認証を申請しました。

(3月にNPO法人として認証される予定です。)


これまでの経過

○平成23年 6月 「コウノトリ豊岡・いのちのネットワーク」結成

_         _他の団体に呼びかけ「コウノトリ豊岡・いのちのネットワーク協議会」をつくり、

_         _東日本大震災復興支援プロジェクトなどの活動を開始する。

_         _賛助企業・団体、個人への寄付依頼を始める。

○平成23年11月 特定非営利活動法人コウノトリ豊岡・いのちのネットワーク設立(代表:堀上 勝)

○平成23年12月 特定非営利活動法人の認証申請(兵庫県)


NPO法に基づく法人格を取得して、継続的・発展的な活動を行います。NPO法人のメリットは、これまでのグループとは違い、組織が公開され、法人として契約や申請ができ、郵便局や銀行で法人名で口座が開設できる、また寄付や助成金を集めやすいなどがあげられます。


略称「いのちネット」は、市民が、かけがいのない命に向き合い、自立し、人と人がつながり、強い絆で結ばれ、人と生きものが共生する「いのちが輝く」社会をめざします。

豊岡地域に限らず活動範囲を広げ、「すべてのいのちが輝く」ために、人づくり、環境づくり、地域づくりの活動に努めていきます。


平成24年度からNPO法人として、これまでと同様に協議会の中心的な役割を果たすとともに、会員、賛助会員、協力会員を募り、さらに充実したプロジェクトに取組んでいきます。(申請に当たっては手続き事務等で宝塚NPOセンターにご支援をいただきました。ありがとうございました。)

お手軽地場産ごはんの会が11月14日の豊岡会場に引き続き、14日(水)午前9時半より出石会場の福住地区公民館で開かれました。地元の出石を中心に13名の若い?男女が参加して、講師の黒田幹子先生と柴崎千佳先生の『心の元気・体の元気がもらえる手軽な料理をみんなで作りましょう』との合図に、和気あいあいと始まりました。

本日のメニューは、1.鮭の味噌チーズ焼き、2.いもがらの煮物、3.里芋のさつま揚げ風、4.かぼちゃしるこ、5.(こうのとり米の)大根ご飯です。添え物として、1.伊達巻、2.菊花かぶ、3.かまぼこの飾り切り、と色たくさんです。お米のこうのとり米と、野菜のいもがら(里芋の茎)、里芋、かぼちゃ、かぶ、大根などは講師の親戚などから戴いた地場産そのものです。

初めは調理器具・什器などが何処にあるか判らずとまどいの中、みんなで協力し合って昼前には無事出来上がりました。講師のおさらいの説明のあと、手を合わせて美味しく戴きました。

同じ材料でも料理方法でこんなに美味しくいただけたことに感動、正月前におせちの参考になりました。・レパートリーを広げ豊かな食生活を送りたいと思います。・手軽な旬の食材を栄養を考えて、ヘルシー仕立てなメニューで美味しかった。などの感想をお寄せいただきました。


先ずは鮭のチーズ焼

20111214_1.jpg


 






いもがらの煮物作り

20111214_2.jpg


 






里芋のさつま揚げの練り上げ中

20111214_3.jpg


 






手つきもあざやか、かまぼこの飾り切り中

20111214_4.jpg


 






ハイ。出来上がり

20111214_5.jpg


 






食べる前におさらいを

20111214_6.jpg

 

 

20111213_2.jpg

12日(月)夜、ひきこもり・不登校を支えるプロジェクト -ドーナツの会-の運営委員会がありました。メンバーによる先日の記者発表の報告(新聞5社に掲載済み)があり、印刷が仕上がった2000部のチラシの配布先を協議しました。福祉、学校、公民館、医療関係などの機関に持参し、配布等の依頼を分担することにしました。このチラシが少しでも早くひきこもりに悩む家庭に届くことを願っています。また、来る1月29日(日)に開催される「コウノトリ豊岡・いのちのネットワークのシンポジュウム・ライブ・但馬冬鍋」の発表打ち合わせをしました。なお、協議会では多くのひきこもり・不登校を支える関係者がじばさん但馬のホールに詰めかけていただけるよう発表やシンポの企画についての細案を練っています。最後に、出石の鳥居で活動されている暮らしの学校農楽(のーら)の長谷川先生の話を聞きました。  

20111213_1.jpg

12日(月)、コウノトリいのちネットお料理の会-みんなで楽しく作ろうママの会-が新田公民館で行われました。次世代を担う子どもを育てるお母さんのコース。キャンセル待ちが出る人気でした。

泣き出す子どももあり、慌ただしくスタート。さすが若いママさん。手際よく次々にちらし寿司、伊達巻きなどを作りました。メニューはスモークサーモンのちらし寿司、アーモンドごまめ、クレープビュッフェ、たたきごぼう。


20111212_1.jpg

講師の岡崎典子先生(豊岡近大講師、管理栄養士)は「ちょっとごちそう家族ごはん」・・・師走の気忙しいなかに、行事を彩るものの中で欠かせないのがお料理です。お料理には、面倒な反面作ってみるとやっぱり楽しい、そういう楽しさを自分が作ることで次の世代に伝えていけるそんな楽しさが隠れています。どこに出かけようかなと考えているときのように今年は何を作ってみようかなと子どもたちとお料理のレシピを並べながら相談するのも楽しいものですよ、と説明されていました。

20111212_2.jpg



託児所は水口さん、岡本さんら、吉田さん、袖長さんらが大活躍で汗だく・・・。ほんとにお世話になりました。




20111212_3.jpg

(参加者の感想)

・とても充実して楽しい講習会でした。メニューも簡単なのにアイデアに富んでいて楽しく、美味しく食べられるものばかりでした。子どもも喜んで食べてくれたので早速作りたいです。またぜひ参加したいです。

・子どもが小さい間に料理教室に行けるなんて思っていなかったので、託児していただけてすごくありがたかったです。普段作ったことのない料理ができて、とても勉強になりました。家でまた作ってみたいです。

・あまり料理が得意でないのですが、参加させて頂きました。普段しない料理を友だちとわいわい作るのは楽しかったです。

20111212_4.jpg

次回は2月3日(金)です。新田地区公民館です。申し込み受付中です。じょうぶな子供のごはん食 -離乳食づくり-です。メニューは離乳食と手軽なお料理。

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。