2011年11月アーカイブ

20111127_1.jpg

20111127_2.jpg

20111127_3.jpg

20111127_4.jpg

本日27日(日)、いのちの宅配便の第4回目を宮城県に送付しました。NPOフェアトレード東北を通じて、石巻市内の被災者に届けられます。安全・安心なコウノトリ育む農法などによる新米約150キロと秋野菜(白菜、大根、ブロッコリ、小松菜、サツマイモ)計21ケースでした。

次の方々から提供いただきました。木内の根岸さん、高屋の斉藤さん、河谷の岡さん、日高町上郷の奥仲さん、出石町伊豆の水嶋さん、但東町佐々木の多根さん、JA但馬の小谷さん、須磨さん、太田垣さん、八木さん、平井さん、長島さん、秋山さん、河谷営農組合やその他の皆さんです。

メンバーらは10時に河谷営農組合事務所に集まり、お米や野菜の小分けと荷造りをしました。温かく気持ちの良い天気の下、ワイワイとにぎやかに約1時間半ほど作業し、記念撮影をして終了しました。いのちの宅配便は本年度は今回が最終回で、来年度春から再開をする予定です。8月から毎月1回の宅配便でしたが、ほんとに多くの方々の協力を得て実施することができました。これまでに送付した農産物は米650キロ、野菜63ケースです。ありがとうございました。

本日11月25日(金)9:30より、「コウノトリいのちネットお料理の会 ーお手軽地場産ごはんの会」(本協議会主催)が新田公民館でありました。16名の皆さんに参加していただきました。メニューはお寿司、伊達巻き、レンコン蒸し、いくらと長いものあられ和え、ミートローフ。講師は岡崎典子先生(豊岡近大講師、管理栄養士)。テーマは ー年末年始のお手軽ごちそうー でした。先生によると、日本人は昔から「晴れとケ」と言って様々な行事を取り入れ、せっせと料理を作り、暮らしの中に楽しみを作ったり、人と人のつながりを深めたりしていた。現在も手作りのおせちを家族で囲むお正月が、温かい心と体で一年を過ごすためのパワーとなるのではないか、とのこと。

調理室では先生一人で大変なようでしたが、塩分控えで、たくさんの野菜(地元)で健康に良く、予想していた以上に簡単に料理ができたとの感想が多くありました。なかなかの人気で次回(1月25日、3月2日)の申し込みをする方がたくさんありました。他の感想は以下です。

 ・かわいい手巻き寿司でした。

・ハンバーグを作るのに、オーブンを使うと簡単でした。

・トマトソースを乗せて焼いたり、長芋を洗うのにサイダーを使ったりするのは初めてでした。

・ふだんから塩分を控えなくてはと思いました。

・最初は不安でしたが、美しくできました。

・茶碗蒸しよりレンコン蒸しの方がヘルシーで良かったです。

・美味しく、みんなでとても楽しい時間が過ごせました。

20111125_1.jpg

20111125_2.jpg20111125_3.jpg20111125_4.jpg





















来月の

「子育て中のお料理ママの会」12月12日(月)新田地区公民館

「お手軽地場産ごはんの会」12月14日(水)出石福住地区公民館

にはまだ募集枠に余裕がありますので、申し込みをしてください。電話26-1101お料理の会事務局まで。

調理室では先生一人で大変なようでしたが、塩分控えで、たくさんの野菜(地元)で健康に良く、予想していた以上に簡単に料理ができたとの感想が多くありました。なかなかの人気で次回(1月25日、3月2日)の申し込みをする方がたくさんありました。他の感想は以下です。

・かわいい手巻き寿司でした。

・ハンバーグを作るのに、オーブンを使うと簡単でした。

・トマトソースを乗せて焼いたり、長芋を洗うのにサイダーを使ったりするのは初めてでした。

・ふだんから塩分を控えなくてはと思いました。
・最初は不安でしたが、美しくできました。
・茶碗蒸しよりレンコン蒸しの方がヘルシーで良かったです。
・美味しく、みんなでとても楽しい時

11月10日(水)、出石町弘道地区公民館で、みんなで楽しく作ろうママの会 - 楽しく作ってお子さんと一緒にご飯をたべましょう - を開催しました。

講師は黒田幹子(管理栄養士)さん、柴崎千佳(管理栄養士)さん。他の行事が重なり、予定より参加者は少なかったのですが、若ママが幼児を連れて参加。託児所を設け、にぎやかに調理実習が始まりました。講師二人の指導により、地元産の旬の野菜、魚を使って、ご馳走ができました。メニューは、いわしのハンバーグ、ふろふき大根、さつまいもと枝豆コロッケ、具たくさんのみそ汁でした。ご飯は栄養価を考えた5分づきのお米と安全安心なコウノトリ育む米のブレンドでした。メニューが多く大変だったのですが、昼前にはできて、みんなでにぎやかに美味しくいただきました。またメニューには柴崎栄養士の手作りピーナツ豆腐がついていました。新聞社の取材(朝日新聞、読売新聞)がありました。


このお料理の会は、食農をみんなで考えましょう 食農教育支援プロジェクト -食事でつながる暮らしの提案- コウノトリいのちネットお料理の会です。


コウノトリ豊岡・いのちのネットワーク協議会は、平成23年度兵庫県地域づくり活動支援市町モデル事業として、人とコウノトリが共生する環境をつくり、地元の安全安心な農作物をもとにした健康な食生活を推奨するための食農教育支援プロジェクトに取り組んでいます。

コウノトリいのちネットお料理の会はこのプロジェクトの一つです。次世代を育てる若い母親と一般を対象に、楽しく料理を作り、暮らしを見つめ、食農を考え、料理力をアップするための、―食事でつながる暮らしの提案― コウノトリいのちネットお料理の会です。

若い母親を対象にした「みんなで楽しく作ろうママの会」と一般を対象にした「お手軽地場産ごはんの会」を新田会場と出石会場でそれぞれ行います。


● コース

コース1  みんなで楽しく作ろうママの会

- 楽しく作ってお子さんと一緒にご飯をたべましょう -

対象  乳幼児の保護者 託児有

日時  (出石会場:弘道地区公民館)   (豊岡会場:新田地区公民館)

11月9日(水)            12月12日(月)

2月8日(水)             2月3日(金)


コース2  お手軽地場産ごはんの会

- 心の元気 体の元気がもらえる手軽な料理をみんなで楽しく作りましょう -

対象  どなたでも 男性も歓迎です

日時  (出石会場:福住地区公民館)   (豊岡会場:新田地区民館)

12月14日(水)          11月25日(金)

3月7日(水)            1月25日(水)

3月2日(金)


時間帯はいずれも 9:30~12:00


● 募集人員  各コース15名


● 参加費   食材費実費


● 申込み先  コウノトリ豊岡・いのちのネットワーク協議会

電話 0796-26-1101  FAX0796-26-8187


□ 参加者の感想を少し聞きました。

・魚の料理はいつもはしないのでとても勉強になりました。

・五分つきのご飯は初めてです。

・子どもは魚嫌いなので、ハンバーグにすれば食べると思います。

・家の料理とは違うので、勉強になります。

・いわしのハンバーグは家でも作ってみたいです。

・コロッケがとても好評でした。等々・・・。

 

20111109_1.jpg20111109_2.jpg20111109_3.jpg20111109_4.jpg

 


 

このアーカイブについて

このページには、2011年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年10月です。

次のアーカイブは2011年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。