2011年10月アーカイブ

20111026_1.jpg

9月16日、コウノトリ豊岡・いのちネットワーク協議会は市民会館4階大会議室で東北大震災復興支援ボランティア報告会を開催しましたが、その会場で和歌山県等への台風水害義捐金を募りました。先日、集まった義捐金23,000円を豊岡市へ届けました。メンバーの吉田さんが中貝市長に渡しました。(同写真)

 

20111023_1.jpg

23日、10月のいのちの宅配便として、お米と野菜を合わせて12ケースを被災地の宮城県石巻へ発送しました。午後1時過ぎ、メンバーが到着した宅急便の車に積み込みました。明後日にはNPOフェアトレード東北に配達され、団体のメンバーから被災者に届けられます。お米の袋には激励のメッセージが書かれています。心のこもった農作物を提供してくださった多くの皆様方、ありがとうございました。なお11月27日(日)には本年度4回目になるいのちの宅配便を予定しています。

 

 

近日中に、復興支援プロジェクトとは別の食農教育支援プロジェクト -食事でつながるくらしの提案- 「コウノトリいのちネットお料理の会」とひきこもり・不登校等をささえるプロジェクト -ドーナツの会- の記者発表を予定しています。現在、チラシを準備中です。できしだいホームページ等でも公開しますのでご協力を宜しくお願いします。また、「コウノトリ豊岡・いのちのネットワーク」のNPO法人設立認証申請へ向けて書類等を準備しています。

 

22日、河谷営農組合の事務所でいのちの宅配便発送準備をしました。コウノトリ育む農法等で栽培された新米(コシヒカリ)170キロの5キロの小分け作業です。今回提供いただいたお米は、出石町の山崎さん、豊岡エコファーマーズの田中さん、成田さん、JA但馬の田口さん、加悦さん、寺尾さん、津崎さん、中村さん、尾崎さん、林さん、衣川さん、相田営農組合の岸下さん、牧井さんから。また野菜は日高町の河原さん、岡本さん、但東町の多根さんから冬瓜やサツマイモを梱包しました。河谷営農組合の岡さんや小学生の森脇さんらに協力してもらって30分ほどで作業を終えました。発送は23日(日)13:00です。

20111022_1.jpg

20111022_2.jpg

 

20111022_3.jpg

 

 

 

 

 

 

28日、「いのちネット」の取り組みの柱の一つである「ひきこもり・不登校等を支えるプロジェクト」の第一回打ち合わせ会をもちました。参加は豊岡不登校・ひきこもりを支える会代表の上坂さんをはじめ、このプロジェクトに賛同し、ひきこもりを支える行動をしようと集まった金子さん、戸田さん、永田さん、小山さん、それに「いのちネット」のメンバーです。

20111001_1.jpgひきこもりの実態と取り組みの現状を確認し、最近まとめられたひょうごユースケアネット推進会議作成の「ひきこもりの調査結果」を読んだ後、取り組みを協議しました。支える対象を、光があまり当たっていない義務教育終了後から30歳代を主に、ひきこもりを中心に不登校等も。支援は相談やカウンセリング、親の会、講演会、レクリエーションなどを。また取り組むメンバーや仲間を募る、広く広報する、ひきこもりの実態を把握するまどについて話し合いました。次回は10月12日です。このときにプロジェクトの名前が決まります。このプロジェクトに参加し、ともにやっていくメンバーを広く募集しています。できる範囲で参加・協力をお願いします。

 

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。